旅行

最終更新日: 2019.01.4

香港旅行前の持ち物・事前準備まとめ

スポンサードリンク


本記事は香港ディズニーランド、マカオ、ヴィクトリアピークなど香港の定番スポットを回る予定の人が準備したことを書いてます。

必要な持ち物・事前に済ましておくべき事などをまとめてます。

少しでもお役に立てていただければ幸いです。

以下は香港旅行のダイジェストです。4泊5日でどれくらい観光できるのか参考にしてください。

目次
1. 服装
– 季節毎の服装
– 寝間着
2. 持ち物
– パスポート
– 旅券、ホテルの予約票やツアー関連書類
– クレジットカード
– 現金
– ペン
-スマートフォン・タブレット
– 変換プラグ、変圧器
– 薬類
– 電子書籍・ゲーム(待ち時間の用)
3. 便利グッズ
– 飛行機三点セット
– 収納グッズ
– 衛星グッズ
– 日焼け止め(夏)
– モバイルバッテリー
4. 事前準備
– 海外旅行保険
– 香港ディズニーランド割引チケットの予約
– ポケットWiFi
– マカオ行きフェリーチケットの予約
– ホテルの予約
5. その他
– 体調管理
– 身だしなみ
– 財布の中身

1. 服装
季節毎の服装

– 春(3月〜5月中旬 平均気温17〜26℃)
4月から7月上旬までが雨季のため湿気が多いです。雨具はなると考えた方が良いでしょう。(嵩張るのであれば現地調達でも可)
日中は半袖でも大丈夫ですが、夜間は冷え込むため上着はあった方が良いです。

– 夏(5月下旬〜9月中旬 平均気温27~31°C)
気温も高く雨季であるため、香港で一番不快な季節。
日本の夏と同じ服装で問題ありませんが、香港は冷房が強いため薄手の上着があると良いでしょう。

– 秋(9月下旬〜11月中旬 平均気温19~28°C)
一年で一番過ごしやすい季節。
日本の秋より少し暖かいので、半袖で過ごす人もいます。それでも薄手の上着は用意した方が良いです。
早朝と夜間は冷え込むので上着は必須です。

– 冬(11月下旬〜2月下旬 平均気温12~20°C)
日本の冬に比べ暖かいですが、気温10度以下になる日もあるため、特に一番寒くなる1月と2月はダウンジャケットなど厚手の上着を用意した方が良いでしょう。
香港には暖房の文化がない為、室内の方が寒い場合もあります。

寝間着

ホテルによって違いますが、基本寝間着はないので持参しましょう。上記の季節ごとの気温を参考にしてください。

2. 持ち物
パスポート

当たり前ですがパスポートなければ香港に入れません。パスポートの有効期限の確認もお忘れなく。

旅券、ホテルの予約票やツアー関連書類

個人手配の方は飛行機の旅券やホテルの予約票。今はスマホ画面で電子チケットを提示すれば大丈夫ですが、電池切れ、インターネットに繋がらないなど、スマホも絶対ではないので心配な方は印刷しましょう。
ツアーの方はツアー会社から送られる電子チケットや書類をお忘れなく。それと問題が発生した時のために、ツアー会社の電話番号も控えておきましょう。

クレジットカード

香港の市街地であれば、ほとんどのお店でクレジットカードが使えます。タクシーでも使えます。
そのため、両替するよりレートも良いので可能な限りクレジットカードを使うことをオススメします。

現金

クレジットカードを積極的に使うべきですが、使えないシーンもあります。香港の屋台などのローカルのお店などはカードが使えません。
また、香港にはチップ文化がありますので、ホテルやレストランでは現金が必須となります。(相場は1サービスあたり10〜20香港ドル)多少の現金は必要です。
もし両替をするのであれば日本よりレート良い香港ですることをオススメします。

ペン

必須ではありませんが、持っていれば香港への入国カードを飛行機の中で書けるので、時短のために是非。
誤って預入荷物の方に入れないように。

スマートフォン・タブレット

現代では欠かせないスマホも現地での情報収集やGPSを活用するために持っていきましょう。
香港国際空港には無料のWiFiもあるので、待ち時間とかにも使えます。

各デバイスの充電器もお忘れなく。

変換プラグ、変圧器

残念ながら日本と香港では、プラグのタイプと電圧共に違うため、変換プラグと変圧器が必要です。

– 電源プラグ
香港のプラグはBFタイプという角3ピンのタイプです。ちなみにマカオではBFタイプの他にヨーロッパタイプの丸2ピンのCタイプと丸3ピンのB3タイプが使われています。変換プラグは複数タイプの変換できるものにしましょう。

– 変圧器
香港とマカオの電圧は220ボルト(V)で周波数は50ヘルツ(Hz)です。日本は100V、周波数は50/60Hzなので、日本の電気製品をそのままでは香港とマカオで使用することができません。しかし、スマホやノートパソコンなど持ち運びを想定した機器の電圧は、グローバル対応しているものが多いので、一度電源プラグを確認してみてください。(ちなみにiPhoneはグローバル対応してます)

薬類

飛行機酔いしてしまう人や香港で船に乗る予定の人(クルージングやマカオ観光)は常備していると安心です。また、現地で体調を崩した時のために、飲み慣れている薬も持っていきましょう。

電気書籍・ゲーム

飛行機など待ち時間の暇つぶしに。オフラインであれば飛行機の中でも使用可。

3. 便利グッズ

続いて必須ではないけどあったら便利なグッズを紹介します。

飛行機三点セット

定番のアイマスク、耳栓、首枕です。日本から香港は4時間30分とそこそこ時間がかかるため、少しでも快適に過ごした方は是非。

収納グッズ

小分け用ボトル
化粧水など丸ごと持っていくと嵩張るし何より水分なので重くなります、小分け用ボトルに入れるとスペースもでき軽くなり、機内にも持ち運びできるのでオススメです。

収納袋
お土産をたくさん買い込みたい方は、スーツケースのスペースを確保するためにオススメです。
この作業を帰国前にしておく事で、衣類の仕分けもできて洗濯が楽です。

衛生グッズ

いくら香港と言えども世界一クリーンな国に生まれた日本人には耐えられない部分があると思います。それを少しでも和らげるアイテムです。

携帯ウォシュレット
日本では当たり前のウォシュレット、当然香港にはありません。

使い捨て便座シート
特に女性にはありがたいアイテムです。

ウェットティッシュ
いつでも清潔にできるように

日焼け止め(夏)

夏の紫外線は日本よりも強いので女性の方は準備した方が良いです。

モバイルバッテリー

旅先でスマホ等たくさん使う予定の方は、万一の事態に備えておきましょう。

4. 事前準備

現地に行ってからの行き当たりばったり旅行も一つの醍醐味ですが、結果現地でバタバタして時間が足りなかったということもありえます。
現地についてヨーイドン!ではなく出発前にできることは済まして、現地での時間を有効に使いましょう。

海外旅行保険

海外での不測の事態備えて海外旅行保険には加入するべきです。あるとなしでは旅行期間中の安心感は雲泥の差です。それでも、たった数日くらいの旅行にわざわざ高い保険に加入するのものなぁという方が多いと思います。(わたしもです)
そういう方には、クレジットカードに付帯する海外旅行保険を活用しましょう。付帯条件はその旅券をそのクレジットを使って購入するだけととても簡単。持っていない方は是非。

年会費永久無料のエスポカードがオススメです。


香港ディズニーランド割引チケットの予約

香港旅行とセットで香港ディズニーランドへ行く方は多いと思います。(わたしもです)
東京ディズニーランドのような混雑もないため、当日券を買えないということもチケットを買う行列もほぼありません。そのため、時短の観点では事前にチケットを予約する必要性は低いです。
しかし、少しでも安く買いたいという方は、是非ネットで事前予約しましょう。

現地価格とネット価格の比較
現地購入:699HK$ (約10,100円)
KKDAY:537HK$(約7,760円)
なんと約23%(約2,300円)安く買えます。(2018年12月現在)

以下のサイトで日本語で香港ディズニーランドのチケットを購入できます。クレジットカード使えます。
【特別価格】香港ディズニーランド1日入場チケット / お食事チケット各プラン
チケット購入手順

食事券なども事前に購入可能です。

ディズニーの食事クーポン使ってみた感想

ポケットWiFi

海外旅行中も日本のようにインターネットを使いたい方、現地の情報収集をしたい方は現地のSIMかこのポケットWiFiが選択肢になると思います。現地のSIMの方がが安く、空港ですぐに入手できるため事前に準備する必要はないかと思います。
それでも、日本の企業で日本語で申し込みができる安心感を重視する方は、事前に準備しましょう。

マカオ行きフェリーチケットの予約

香港からマカオへはフェリー移動となります。
時期によってはフェリーは大変混み合うまた中国人と並ぶことになるため事前に予約するをオススメします。
【上環発着】香港-マカオ・高速フェリー:ターボジェット割引片道乗船チケット(外国人限定)
(リンク先上環発着ですが、発着場所は選べます)

ホテルの予約

もしホテルの予約がお済みでない方は下記をご参照ください。



5. その他

体調管理

体が資本です。最悪旅行にいけなくなることもあるので、体調管理はしっかりしましょう。

身だしなみ

爪や散髪など人として最低限の身だしなみは整えましょう。

財布の中身

細かいですが、日本でしか使わないようなポイントカードなどは抜き取っておきましょう。帰国後入れ直すのをお忘れなく。

しっかりと事前準備をして香港旅行を満喫しましょう!

以下は香港旅行のダイジェストです。4泊5日でどれくらい観光できるのか参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

[予習]『シュガー・ラッシュ2』をより楽しめる”7つ”の前知識前のページ

[香港旅行] 4泊5日のスケジュール例次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク




最近の記事

  1. 海外で契約したNetflixに日本語字幕を追加・変更する方法…
  2. 『ニューミュータンツ』4度延期された不幸映画、その原因は?オ…
  3. 『アベンジャーズ』ドクターストレンジがアイアンマンのスーツを…
  4. 一時帰国時にオススメのモバイルWiFiレンタル【2ヶ月以上の…
  5. 2020年コロナの影響で延期・公開中止となったハリウッド映画…

スポンサードリンク



  1. 映画

    [予習]『アベンジャーズ4/エンドゲーム』前にMCU時系列まとめ
  2. 映画

    MCU『アベンジャーズ4』以降(フェイズ4)の作品と公開スケジュール
  3. 映画

    [2019年版]映画・海外ドラマ好きにオススメの動画配信サービス(VOD)比較
  4. 感想

    想定外の結末を見事に導き出した二人の女優『シンプル・フェイバー』(ネタバレなし感…
  5. 感想

    『キャプテン・マーベル』アベンジャーズ4との関連性は?(ネタバレ+ネタバレなし感…
PAGE TOP