映画

最終更新日: 2020.05.21

歴代ホラー映画人気ナンバー1殺人鬼は誰だ?[ハロウィン特別企画]

スポンサードリンク


もうすぐハロウィーン、ここタイも日本と同じようにリア充が行くような仮装パーリィがあるくらいで国民的行事ではありません。

 

そんなハロウィーンの季節となるとホラー映画が見たくなりますよね。ホラー映画好き当ブログ管理人もその一人で最近は”死霊館”シリーズを鑑賞中。

 

そして今回は面白いホラー映画の企画をアメリカの有名映画批評サイト”rottentomatoes”でやっていたので紹介したいと思います。

 

注釈:当サイト”ぬこタイ”で記載している内容は、当ブログ管理人が翻訳し解釈した文言で記述していること予めご了承下さい。例:Horror Iconを殺人鬼と解釈。

 

ホラー映画界のNo.1殺人鬼は誰だ選手権 VS ホラー映画界のNo.1絶叫クイーンは誰だ選手権

その企画名が「ホラー映画界のNo.1殺人鬼は誰だ選手権」と「ホラー映画界のNo.1絶叫クイーンは誰だ選手権」の二つです。最終的にその二つの勝者同士で真のNo.1を決めます。正直なんで最後に殺人鬼と絶叫クイーンを戦わせるんだと思いましたが笑

 

対戦方式

各部門毎にサイトがピックアップしたキャラをトーナメント表に振り分け、各ラウンドでユーザーにアンケートを実施し票が多い方が勝ち上がっていく方式です。
簡単に言うとユーザーによる人気投票です。

出場キャラクターと一回戦の対戦カード
「ホラー映画界のNo.1殺人鬼は誰だ選手権」部門

一回戦第一試合
ジャイソン・ボーヒーズ (“13日の金曜日”シリーズ) VS 貞子(英名:サマラ) (“リング”シリーズ)
おそらく世界一有名な殺人鬼”ジェイソン”。日本からは”貞子”もエントリーしてます。が、相手が悪すぎる。

 

一回戦第二試合
エイリアン・クイーン (“エイリアン”シリーズ) VS ハンニバル・レクター (“羊たちの沈黙”シリーズ)
“エイリアン・クイーン”がこの中にいるのはちょっと違和感がありますが。相手は人喰い博士です。

 

一回戦第三試合
レザーフェイス (“悪魔のいけにえ”シリーズ) VS ジグソウ (“ソウ”シリーズ)
元祖スプラッターホラーの”レザーフェイス”と殺人道具作りの天才”ジグゾウ”

 

一回戦第四試合
ゴーストフェイス (“スクリーム”シリーズ) VS ノーマン・ベイツ (“サイコ”シリーズ)
マスクの売り上げはおそらく世界一”ゴーストフェイス”。ヒッチコック監督の生みだした変人”ノーマン・ベイツ”エントリーの中で見た目は一番まとも笑

 

一回戦第五試合
フレディー・クルーガー (“エルム街の悪夢”シリーズ) VS ピンヘッド  (“ヘルレイザー”シリーズ)
あの爪が耳障りな殺人鬼フレディ・クルーガー。漫画ハンターハンターのギタラクル、、、いや”ピンヘッド”です。

 

一回戦第六試合
マイケル・マイヤーズ(ブギーマン) (“ハロウィン”シリーズ) VS ザ・トールマン (“ファンタズム”シリーズ)
近日最新作が公開される”ブギーマン”こと”マイケル・マイヤーズ”。映画”ファンタズム”の怪人”トールマン”。

 

一回戦第七試合
ペニーワイズ (“IT”シリーズ) VS キャンディーマン (“キャンディマン”シリーズ)
昨年リメイク作が大ヒットした”IT”の”ペニーワイズ”。飴は関係ないけど”キャンディマン”。

 

一回戦第八試合
チャッキー (“チャイルドプレイ”シリーズ) VS アナベル (“死霊館”シリーズ)
新旧の人形対決”チャッキー”と”アナベル”。

 

以上16名(名?笑)。有名どころはほぼ網羅したラインナップ。多少ホラーをかじってる人ならほとんどのキャラクターは知っているのではないでしょうか。しかし自分は”トールマン”と”キャンディマン”を知りませんでした。自分のホラー知識もまだまだです。ただゾンビ系のキャラがいないのが意外でした。タールマンとか。

「ホラー映画界のNo.1絶叫クイーンは誰だ選手権」部門

一回戦第一試合
シガニー・ウィーバー (“エイリアン”シリーズ) VS サナ・レイサン (“エイリアンVSプレデター”)

 

一回戦第二試合
トニ・コレット (“ヘレディタリー/継承”日本公開11月) VS ヴィラ・ファーミガ (“死霊館”シリーズ)

 

一回戦第三試合
サラ・ミシェル・ゲラー(”呪怨”シリーズ) VS ディー・ウォレス (“クリッター”など)

 

一回戦第四試合
アニャ・テイラー=ジョイ (“スプリット”) VS ジョーイ・キング (“死霊館”)

 

一回戦第五試合
ジェイミー・リー・カーティス (“ハロウィン”シリーズ) VS ダニエル・ハリス  (“ハロウィン”シリーズ)

 

一回戦第六試合
カレン・ブラック (“家”、”キラーフィッシュ”など) VS  リナ・ローメイ (“Jack the Ripper”(原題)など)

 

一回戦第七試合
ネーヴ・キャンベル (“スクリーム”シリーズ) VS ティッピ・ヘドレン (“鳥”)

 

一回戦第八試合
ヘザー・ランゲンカンプ (“エルム街の悪夢”シリーズ) VS フェイ・レイ (“キングコング”)

 

以上16名。正直に絶叫部門は名前を見ただけではほとんどわかりません。なので名前と作品名のみでDDsのキャッチフレーズはありません笑 これ全部わかる日本人はもう本当にすごいです。そして自分の知識のなさもあり各出演作品調べるの地味に大変だった笑 日本で公開されてない作品の出演者もいました。

おそらくこの中で日本で一番有名なのはエイリアンのシガニー・ウィーバーでしょう。アメリカだとどうなんでしょうか。

結果

それでは結果発表!以下がトーナメント表と結果となります!

 

 

出典:rottentomatos

 

デデンッ!!はい、ジェイミー・リー・カーティスとブギーマンです!えっ!?この二人が出てくるハロウィン最新作が今月公開されるって?うわぁ超偶然じゃん!これは見るっきゃない!みんな見てねー!!!

 

と、冗談に聞こえない冗談は置いといて、、、(サイトでも出来レースみたいなコメントが散見してますが笑)

 

個人的にはジェイソンとシガニー・ウィーバーかなと思ったのですが、アメリカでブギーマンはとても人気なんですね。準決勝のジェイソンVSブギーマンは34%:66%でブギーマンがあっさり勝ってます。それ以外はほぼ順当な結果だと思います。

 

殺人鬼部門は役者がそろってましたが、問題は絶叫部門。役者が違うとはこのことかってくらいキャラの人気度の差が結果に現れてます。特にシガニー・ウィーバーとジェイミー・リー・カーティスが強力すぎて相手が可哀相(例シガニー・ウィーバー VSサナ・レイサン(96%:4%))。企画していざ探してみると思いの外ノミネートできる人がいなかったんだろうなと思う笑

 

最終決戦のジェイミー・リー・カーティスとマイケル・マイヤーズは、大接戦の結果20票差でジェイミー・リー・カーティスに軍配。これは意外でした。サイトでも彼女すごく取り上げられてたし、やっぱり出来レ

 

新作ハロウィンのプロモーション疑惑はありますが、結構妥当な結果なのかなと思います。

 

ハロウィン最新作について

ちなみに新作ハロウィンの評論家の評価は高く、先週公開されたアメリカでは歴代ホラー映画のオープニング興行収入を塗り替えたらしいです。DDsも予告見た感じだとお馴染みのBGMをバックにあのおどろおどろしさが伝わってきて好印象でした。主演は絶叫女王にもなったジェイミー・リー・カーティスです。タイでは今月末公開で自分も見に行く予定です。(日本公開日は未定)

 

最近ホラー離れしている方、せっかくのハロウィンたまには秋の夜長にハラハラドキドキしてみては如何でしょうか。

 

スポンサードリンク

音楽で結ばれた愛の物語『アリー/スター誕生』(ネタバレなし感想+ネタバレ)[映画感想: 012]前のページ

マレーシア ペナン島観光 二泊三日 “予算10000円の旅” [三日目:極楽寺]次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク




最近の記事

  1. 2020年コロナ禍タイ・バンコクでの就職活動事情【人材紹介会…
  2. 海外で契約したNetflixに日本語字幕を追加・変更する方法…
  3. 『ニューミュータンツ』4度延期された不幸映画、その原因は?オ…
  4. 『アベンジャーズ』ドクターストレンジがアイアンマンのスーツを…
  5. 一時帰国時にオススメのモバイルWiFiレンタル【2ヶ月以上の…

スポンサードリンク



  1. 映画

    [予習]『キャプテン・マーベル』 鑑賞前に知っておきたい前知識(二人のキャプテン…
  2. 映画

    [2019年版]映画・海外ドラマ好きにオススメの動画配信サービス(VOD)比較
  3. 感想

    最後に明かされる”ある人物”の衝撃の事実とは?『ファンタ…
  4. 映画

    MCU『アベンジャーズ4』以降(フェイズ4)の作品と公開スケジュール
  5. 感想

    『キャプテン・マーベル』アベンジャーズ4との関連性は?(ネタバレ+ネタバレなし感…
PAGE TOP