映画

最終更新日: 2019.03.8

『ボヘミアン・ラプソディ』中国で公開予定も規制のため大幅カットされる

スポンサードリンク


祝『ボヘミアン・ラプソディ』アカデミー賞、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞受賞!

 

 

昨年世界中で大ヒットを飛ばした『ボヘミアン・ラプソディ』。

これまでの世界興行収入は8.6億ドル。普通なら2018年ナンバーワンになってもおかしくない収入ですが、2018年はバケモノ作品の『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』と『ブラックパンサー』(2作とも世界歴代興行収入TOP10入り、前者20億ドル、後者13.4億ドル)がいたので、その座は譲ってます。いやーバケモノすぎる。

ただ10億ドルの大台は突破できる可能性はまだ残ってます。そこで注目なのがまだ『ボヘミアン・ラプソディ』を公開していない中国です。

10億越えとなると歴代世界興行収入TOP40に入り(参考:38位『ハリーポッターと賢者の石』9.7億ドル、37位『ダークナイト』10億ドル)。歴代世界興行収入TOP40以上はほとんどがシリーズもの作品で構成されるので、この中に入ったらかなり凄いこと。

 

 

しかしここで問題となっているのが規制の厳しい中国ならではの問題。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーに焦点を当てた作品であり、彼のアイデンティティの1つであるホモセクシャルな部分も描かれています。

しかし中国では同性愛はタブーとなっており、過去に男同士の愛を描いた名作『ブロークバック・マウンテン』は公開されることはありませんでした。

またロックの世界から切り離せない存在のドラッグも劇中に登場しますが、ドラックに厳しい中国です。カットされないわけがありません。

そのためゲイの描写とドラッグのシーンが大幅にカットされることが予想されます。

 

ドラックはそこまで重要じゃないにしても、本作で重要な役割を占めるフレディの表と裏の面を表現するゲイの描写は必須だと思いますが、果たして中国ではどれくらいカットされるのか気になります。

まぁそれを除いても、クイーンの名曲と感動のLiveAIDのライブシーンだけでも見る価値はあるので、そこそこの興行収入は稼げることを期待します。目指せ大台10億ドルへ!

スポンサードリンク

『ヒックとドラゴン3』完全なるハッピーエンドではないが有終の美(ネタバレなし感想)[映画感想: 028]前のページ

[2019年3月] タイの観光ビザを連続で取得できる回数は?(現在進行形)次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク




最近の記事

  1. 海外で契約したNetflixに日本語字幕を追加・変更する方法…
  2. 『ニューミュータンツ』4度延期された不幸映画、その原因は?オ…
  3. 『アベンジャーズ』ドクターストレンジがアイアンマンのスーツを…
  4. 一時帰国時にオススメのモバイルWiFiレンタル【2ヶ月以上の…
  5. 2020年コロナの影響で延期・公開中止となったハリウッド映画…

スポンサードリンク



  1. 感想

    『キャプテン・マーベル』アベンジャーズ4との関連性は?(ネタバレ+ネタバレなし感…
  2. ゲーム

    [2019年版] オススメの9つの厳選スマホゲームアプリ(サブゲームにも)
  3. 映画

    MCU『アベンジャーズ4』以降(フェイズ4)の作品と公開スケジュール
  4. 映画

    [予習]『アベンジャーズ4/エンドゲーム』前にMCU時系列まとめ
  5. 映画

    [予習]『キャプテン・マーベル』 鑑賞前に知っておきたい前知識(二人のキャプテン…
PAGE TOP