映画

2019年公開のオススメ「アメコミヒーロー映画」10作品まとめ(マーベル・DC・他)

スポンサードリンク


2019年に公開されるアメコミ映画の公開予定作品をまとめました。(本稿では2019年アメリカ公開カレンダーを元にしております。洋画のみ)

注:2019年4月28日に本記事を更新

スポンサードリンク

2019年公開予定のアメコミ原作映画

2019年は10作品が公開予定となっています。内訳は

マーベルコミックス:5
マリブコミックス(マーベル傘下):1
DCコミックス:2
イメージコミックス:1
ダークホースコミックス:1

マーベル強し、DCはジャスティスリーグを教訓にマーベルの様に基盤を築いて行く方向へシフト。

ここでは大手2社以外のアメコミ作品も取り上げます。

前作のネタバレ要素も含まれていますので、ご注意ください。

順番は公開順となっております。

1.「キャプテン・マーベル」(マーベルコミックス)

参照元:https://www.marvel.com/movies/captain-marvel

 

邦題: キャプテン・マーベル
原題: Captain Marvel
監督: アンナ・ボーデン & ライアン・フレック
出演: ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ベン・メンデルソーン、ジャイモン・フンスー、リー・ペイス、ジュード・ロウ
公開(米): 2019年3月8日
公開(日): 2019年3月15日

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新作。
衝撃のラストがまだ記憶に新しい『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、ニック・フェーリーが最後にポケベルで救援信号を送った相手が本作の主人公キャプテン・マーベル(本名キャロル・ダンバース)です。

アメリカ空軍の対テロリスト特殊部隊に所属するキャロル・ダンバースは、ある事故でクリー人とDNAを融合し特殊能力や飛行能力を備わった超人と化しキャプテン・マーベルとなります。

本作の舞台はアベンジャーズが結成される以前の1990年代となっており、キャプテン・マーベルの誕生、後にS.H.I.E.L.D.長官となる若きニック・フューリーの話が描かれます。ちなみにはキャプテン・マーベルは記憶喪失していると公式に発表されておりこの忘れられた過去が大きな鍵を握りそうです。

主演の「ブリー・ラーソン」は映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した演技派女優。
「ジュード・ロウ」が原作では初代キャプテン・マーベルでもあるマー・ベル役(エイリアン役に違和感が笑)。ニック・フューリーはもちろん「サミュエル・L・ジャクソン」、S.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソン役も「クラーク・グレッグ」が続投。

MCU次作「アベンジャーズ4」へと繋ぐ重要な映画です。

ちなみにマーベル映画史上初の女性主人公と言う記事多いですが「エレクトラ」を忘れないで笑

映画の感想はこちら

2.「シャザム!」(DCコミックス) 公開日:[アメリカ] 4月5日 [日本] 2019年

参照元:https://www.imdb.com/title/tt0448115/

邦題: シャザム!
原題: SHAZAM!
監督: デヴィッド・F・サンドバーグ
出演: ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・ エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
公開(米): 2019年4月5日
公開(日): 2019年4月13日

 

DC・エクステンデッド・ユニバース(DEU)の7作目。

DCコミックスではスーパーマンと同等の力を持つスーパーヒーローで、少年ビリーが「Shazam!」と叫ぶ事で超人シャザムへと変身。

主演を演じるのは人気ドラマ『CHUCK/チャック』の主人公を演じたザッカリー・リーヴァイ。予告編も公開されていますが、DCコミックスでは珍しいコメディ色が強い作品となりそうで、現地ファンからの声はポジティブなものが多いようです。予告で見れる「Shazam!」と叫んで変身するシーンがカッコイイ!

マーベルに比べ遅れを取っていいるDCですが、この後公開されるアクアマン(アメリカでは2018年公開)と今作で巻き返しを図れるか。今後共演されるであろうバットマン、スーパーマンたちとはどの様にクロスオーバーするのか、今後の展開にも注目の作品です。

映画の感想はこちら

3.「ヘルボーイ(邦題未定)」 (ダークホースコミックス)

参照元:https://www.imdb.com/title/tt2274648/

邦題: ヘルボーイ
原題: Hellboy
監督: ニール・マーシャル
出演: デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォヴィッチ、イアン・マクシェーン、サーシャ・レーン、ダニエル・デイ・キム
公開(米): 2019年4月5日
公開(日): 2019年秋

 

ギレルモ・デル・トロ監督でロン・パールマン主演の「ヘルボーイ」三部作の3作目を作る話がありましたがお蔵入りとなり、リブートという形で新シリーズが製作されました。

ヘルボーイ役には現在放送中の米ドラマ「ストレンジャー・シングス」のデヴィッド・ハーバー。ロン・パールマンのヘルボーイが見事なハマり役だったので、懐疑的な意見もありますがティザーポスターはめちゃくちゃカッコイイ!欲しい!

これはジャケ買いです、ジャケ買い笑

予告編はまだ発表されていません。続報を待ちましょう!予告編が公開されました!

ただ、デル・トロ&ロン・パールマン版の印象が強過ぎてやはりネガティブなコメントが多いですね。

映画の感想はこちら

4.「アベンジャーズ/エンドゲーム」

邦題: 未定
原題: 未定
監督: ルッソ兄弟
出演: たくさん
公開(米): 2019年4月26日
公開(日): 2019年4月26日

おそらく2019年世界で一番期待されている作品でしょう。

『アベンジャーズ/インフィニティーウォー』から半年たった11月でもタイトルが明かされていません。

前作サノスの指パッチンで多くのスーパーヒーローが消滅するという衝撃の結末。

あの凄まじい強敵にどう立ち向かい、消滅したヒーローは蘇るのか。

「アベンジャーズ4」の公式アートワークがリークしており、そこに描かれているヒーローは前作の生き残りアイアンマン、キャプテンアメリカ、ハルク、ソー、ブラックウィドウ、ネビュラ、ウォーマシーンとロケット。前作姿のなかったホークアイとアントマン。そしてMCUデビューするキャプテン・マーベルです。

既に撮影は終了しており現在編集作業中。ルッソ監督の話では現段階で3時間超えになっているらしい。昔の映画みたいに休憩を挟まないので流石に前作同様2時間半程度に収めると思いますが・・・

日本の公開日ですが、おそらく前作『アベンジャーズ/インフィニティーウォー』同様、本国アメリカより一週間早い4月26日(金)になるのではないでしょうか(アメリカ5月3日(金))。

新作のタイトルの噂も絶えません。”Annihilation”やら”The Last Avenger”やらどれも本当っぽいですね。ただもし”Annihilation(全滅)”であるのなら10年前のアイアンマンから始まったMCUの最終話として衝撃的なクライマックス迎えそうです。

映画の感想はこちら

スポンサードリンク

5.「X-MEN: ダーク・フェニックス」(マーベルコミックス)

参照元:https://www.imdb.com/title/tt6565702/

邦題: X-MEN: ダーク・フェニックス
原題: Dark Phoenix
監督: サイモン・キンバーグ
出演: ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、エヴァン・ピーターズ、ソフィー・ターナー、タイ・シェリダン、コディ・スミット=マクフィー、アレクサンドラ・シップ、ジェシカ・チャステイン
公開(米): 2019年6月7日
公開(日): 2019年6月21日

X-MENの作中で最も強力な力を持っているとされるジーン・グレイを中心とした。

本作のベースとなる原作の”フェニックス・サーガ”では、ジーンのその強大な力を制御できないと判断したプロフェッサーXがその力を抑えるために彼女の無意識の心をブロックします。その結果、ジーンに二つの人格が形成されてしまいます。一つが本来のジーン、もう一つがフェニックス。フェニックスは彼女の闇の面を体現した人格となっており凶暴な性格。

また、昨年発表されたディズニーによる21世紀フォックスの買収が実現すると、今まで21世紀フォックスが保有していたX-MEN、ファンタスティック4、デッドプールなどの権利がディズニー傘下になります。そのため近い将来MCUにX-MENなどが参戦する可能性が高いです。買収は2019年初頭までに完了するとの噂が本当であれば、本作が21世紀フォックス単独での最後の作品になるかもしれません。

画像元:

6.「メン・イン・ブラック」(マリブコミックス)

邦題: メン・イン・ブラック: インターナショナル
原題: Men In Black: International
監督: F・ゲイリー・グレイ
出演: クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、クメイル・ナンジアニ、エマ・トンプソン
公開(米): 2019年6月14日
公開(日): 2019年6月14日

人気シリーズ「メン・イン・ブラック」のスピンオフ作です。

キャストにはアベンジャーズのソー役クリス・ヘムズワース(同時期に人気シリーズ2作品とか働きますね)とそのソーでヴァルキリー役を演じたテッサ・トンプソン。リーアム・ニーソンもいます。

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの出演はないようですが、同じ世界を舞台にした作品で

また同じソニーピクチャーズの映画『21ジャンプストリート』とクロスオーバーさせると報じられており、この後の展開も注目となりそうな映画です。

12/20に予告編が公開されました。

マーベル映画の”ソー”と”ヴァルキリー”が地球でコンビを組んでます。ソーのネタも盛り込んでますね笑

7.「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(マーベルコミックス)

参照元:https://www.imdb.com/title/tt6320628/

邦題: スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
原題: Spider-Man: Far From Home
監督: ジョン・ワッツ
出演: トム・ホランド、マイケル・キートン、ゼンデイヤ、ジェイク・ジレンホール、コビー・スマルダーズ、マリサ・トメイ、サミュエル・L・ジャクソン
公開(米): 2019年7月5日
公開(日): 2019年夏

こちらは既にMCU参戦している”スパイダーマン”。前作のキャストがほぼ続投すること、そしてヴィランはジェイク・ギレンホール演じるミステリオとなること、そしてマーベルスタジオのキャラが参戦すると発表されています。

アベンジャーズ4の後に公開されることもありストーリーについての情報がありませんが、ソニーピクチャーズの会長エイミー・パスカルはインタビューで「本作はアベンジャーズ4終了直後から始まる」と発言しています。つまりスパイダーマンは生き返るということですよね?

8.「ニュー・ミュータンツ」(マーベルコミックス)

参照元:https://www.imdb.com/title/tt4682266/

邦題: ニュー・ミュータンツ(仮)
原題:The New Mutants
監督: ジョシュ・ブーン
出演: アニャ・テイラー=ジョイ、メイジー・ウィリアムズ、チャーリー・ヒートン、ヘンリー・ザーガ、ブルー・ハント、アリシー・ブラガ
公開(米): 2019年8月2日
公開(日): 未定

2018年4月13日公開予定だったのが二度の延期を経て来年の8月公開と発表されました。理由は他のFOXの映画と被るからとのこと、延期の都度追加撮影もしているみたいです。

X-MEN不在の間にプロフェッサーXによって結成された新チームが「ニューミュータンツ」

本作はX-MENのスピンオフ且つマーベル映画初となるホラー映画となります。わたしはすごく期待はしてるのですが、絶賛か酷評のどちらかだと思います。なんか予告見ると嫌な予感がする。

 

 

スポンサードリンク

9.「ジョーカー(仮)」(DCコミックス)

邦題: 未定
原題: Joker
監督: トッド・フィリップス
出演: ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、ビル・キャンプ、フランセス・コンロイ、ブレット・カレン
公開(米): 2019年10月4日
公開(日): 未定

バットマンの宿敵「ジョーカー」の誕生物語を映画化。ジョーカー役には「グラディエーター」のホアキン・フェニックス。彼は7代目のジョーカーとなります。更に役柄は不明ですがロバート・デ・ニーロもクレジットされています。

何度も映画に登場しますが、その生い立ちやジョーカーになってしまった経緯を掘り下げた作品はありませんでした。制作側によると本作はクライムドラマに近いダークな作品になるとのことです。

また本作はDC・エクステンデッド・ユニバース(DEU)とは別の単独作品とのことです。

10.「キングスマン3(仮)」(イメージコミックス)

邦題: 未定
原題:Kingsman 3(仮)
監督: マシュー・ヴォーン
出演: タロン・エガートン、コリン・ファース
公開(米): 2019年11月8日 → 2020年2月14日
公開(日): 未定

人気スパイ映画「キングスマン」の続編。マシュー・ヴォーン監督はインタビューで「ハリーとエグジーの関係の完結編になる」と語っていることから今作がこのキャストでのラストになるのでしょうか。

本来この公開日には「007」の最新作が予定されていましたが、この新世代スパイ映画が代わりを務めることになったようです。 2019年公開予定でしたが、2020年2月14日に延期することが発表されました。2019年の作品ではなくなってしまいましたが、このまま一覧には残しておきます。

現在情報が少ないので続報を待ちましょう。

まとめ

2018年もたくさんアメコミ映画が公開されましたが、2019年も10作と負けてません。

一番楽しみなのはもちろん「アベンジャーズ4」、それ以外だと「シャザム」、「ヘルボーイ」とそして散々焦らされた「ニューミュータンツ」。

特にDCの巻き返しには期待してます!

2019年も映画ライフを楽しみましょう!

アメコミ好きにオススメする動画配信サービス(VOD)

映画好きの当ブログ管理人は特にアメコミ映画に力を入れている以下2つの動画配信サービスを利用しています。

① Huluは映画2500作品、海外ドラマ600作品が全部見放題の気楽に楽しめる動画配信サービスです。 → 今なら無料トライアル実施中!<Hulu>

② U-NEXTの売りは業界ナンバーワンの圧倒的コンテンツ量(洋画4000作品、ドラマ600作品)です。管理人一押し動画配信サービスです。 → 今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

どちらも無料お試し期間があります。その期間に見定めましょう。

2つのサービスをオススメする理由

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 『アリー/スター誕生』ストーリーとは関係ない豆知識・トリビア
  2. [コミコン2019] MCUフェイズ4の公開スケジュールまとめ(ブレイドやX-M…
  3. 2019年公開のオススメ「アメコミヒーロー映画」10作品まとめ(マーベル・DC・…
  4. [予習]『ファンタスティックビースト2』鑑賞前に知っておきたい”6つ…
  5. [予習]『シュガー・ラッシュ2』をより楽しめる”7つ”の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. [2019年9月] 観光ビザとビザなしでタイに1年間住んで…
  2. 『アイ・アム・マザー』謎の女性の正体が判明?(ネタバレなし+…
  3. [コミコン2019] MCUフェイズ4の公開スケジュールまと…
  4. [ルアンパバーン観光]オススメのカフェ”ジョマベ…
  5. [DAZNダゾーン] 海外(タイ)からVPNで日本のプロ野球…

カレンダー

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  



  1. 感想

    『アリータ:バトル・エンジェル』最後に出てきたのは誰?続編も?(感想+ネタバレ考…
  2. ゲーム

    [2019年版] オススメの9つの厳選スマホゲームアプリ(サブゲームにも)
  3. 映画

    [予習]『スパイダーマン:スパイダーバース』鑑賞前の7つの前知識(原作との違い、…
  4. 感想

    『スパイダーマン:スパイダーバース』エンドクレジット後に出てきたアイツ(ネタバレ…
  5. 一年100万円生活

    100万円の生活費で一年間タイに住めるのか?アラサー男の検証 [まえがき]
PAGE TOP